大阪市立大学大学院医学研究科
癌分子病態制御学講座のホームページにようこそ!

研究室紹介

 癌分子病態制御学講座は難治性癌を主たる研究対象にしています。難治癌は増殖進展が速く高頻度に転移するため根治手術が困難であり、その治療成績向上には新しい治療法や診断法の開発が必要です。われわれは、このような治療困難な癌の性質を研究することにより、その難治性の原因を分子生物学的レベルで解明し、その病態機序に立脚した分子標的治療を開発するトランスレーショナルリサーチ(基礎データーを臨床応用する研究)を行っています。
 具体的な研究プロジェクトとして、癌微小環境構築、癌転移前病変、癌間質細胞、分子標的治療、エクソソーム、リキッドバイオプシー、がんゲノムなど、難治癌に関わる研究に取り組んでいます。また、平成28年度に「難治がんトランスレーショナルリサーチ(TR)センター」が設立され、本講座の八代が難治がんTRセンター長を兼任し癌の基礎研究と臨床の橋渡しを実践すべく難治がんTRセンターの関連講座としても活動しています。これらの研究活動により難治癌の病態解明と新規治療法開発に積極的に取り組んでいます。

研究指導方針

難治性癌の診断薬や治療法の開発を目指して

 本教室には基礎研究者や外科系医師が在籍し、臨床における経験を生かし、臨床の問題点を基礎研究で解明しその成果を臨床に還元するTranslational Researchを特色とする教室です。外科手術が困難な症例の研究を発展させることが、外科治療成績向上につながると考えています。難治性の病態解明と治療法開発の実現に向けて、大学院生や研究生を積極的に受け入れ、外科臨床と基礎との橋渡しとなるトランスレーショナル研究を発展させたいと考えています。 現在までに、50名の大学院生や研究医の学位指導を行っています。博士課程および修士課程では、臨床へのフィードバックを常に念頭に置いた教育に力をいれています。また、がんプロフェッショナル ”ゲノム医療に対応する革新的腫瘍外科専門医”コースも担当し、がんプロフェッショナル医の育成に取り組んでいます。また、現在までに国内および海外の多くの研究機関とも新規治療薬開発を目的として共同研究を行っており、産学連携に基づく研究にも力を入れています。

八代 正和

癌分子病態制御学講座 担当
八代 正和
研究教授(2020年11月)

お知らせ

  • 2021.2月
    大学院生の西村貞徳君が、令和2年度第4回国際がん研究シンポジウムYoung Investigator Awardを受賞しました
  • 2020.12月
    大学院生の杉本敦史君、瀬良知央君、辻尾元君が、第31回日本消化器癌発生学会優秀演題賞を受賞しました
  • 2020.11月
    大学院生の櫛山周平君が、国際学会KCA 46th Annual Meeting & the 6th International Cancer ConferenceのPoster Awardを受賞しました
  • 2020.11月
    大学院生の西村貞徳君が、令和2年度消化器癌発生学会研究奨励賞を受賞しました
  • 2020.10月
    大学院生の黒田顕慈君の研究論文が朝日新聞に掲載されました
  • 2020.7月
    大学院生の山本百合恵さんが、第120回日本外科学会定期学術集会医学生セッション優秀演題賞を受賞しました
  • 2020.6月
    大学院生の西村貞徳君の研究論文が朝日新聞に掲載されました
  • 2020.2月
    大学院生の奥野倫久君の研究論文が大阪市医学会賞を受賞しました
  • 2020.1月
    大学院生の栂野慎吾君の研究論文が読売新聞に掲載されました

大阪市立大学大学院医学研究科

癌分子病態制御学

〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3

E-mail (秘書): tsuda.akiko[at]med.osaka-cu.ac.jp

Molecular Oncology and Therapeutics

Graduate School of Medicine, Osaka City University

〒545-8585 1-4-3 Asahi-machi, Abeno-ku, Osaka-City, Osaka, JAPAN

E-mail (Secretary): tsuda.akiko[at]med.osaka-cu.ac.jp

Copyright © 癌分子病態制御学
トップへ戻るボタン